長いトンネルを抜けて

私のライフワークとして、不動の位置であったジャズが、この2年くらいは少しずつ心境の変化があり、「mad about jazz」から少し距離を置きたいという気持ちになっていた。

特にボーカリストとしての活動に色々と思う所があり、ジャズを歌うことに煮詰まっていた。

しばらくライブなどをお休みしている間にやっていたことは、ジャズ以外の音楽を聴く事、歌う事、音楽以外の事に興味を向けることだった。
東京の知らない場所を歩き回ったり、新旧問わず映画を沢山観たり、様々な投稿動画を見たり、社交ダンスにはまってみたり。

そんな折この度のコロナ禍を体験し、頭の中にあった様々な事柄を一度全部クリアにした時に、なぜか以前よりストレートにジャズに向き合う気持ちが高まってきた。

特にボーカルものは「参考音源として聴く」「勉強のために聴く」という義務的な気持ちが先だって穿った聴き方をしがちであったが、先日たまたま聴いたビリー・ホリデイの歌うよくあるミディアム・スウィングの曲がとても新鮮に耳に入ってきた。
どうしても彼女の独特な歌いまわしの印象が先立ってしまいがちだが、その時はビリーという歌手から語られる歌詞に自然に呼応した節回しをされていることに気づき、純粋に聴き入っていた。

歌手は自分の語りたい節にのせて歌詞をかたる。歌ってこうあるべきだ、とハッとした感じがした。

改めて、上手すぎて聞き流していたエラの歌い方をじっくり鑑賞したり、同じ曲を複数の知らない歌手の歌唱で聴き比べてみたりをしたくなったりと、ジャズボーカルへの興味がリニューアルして沸いてきた。

今回の社会の異変で、ビジネスや他ジャンルのアートの世界でも、様々な方が今後の活動の在り方を立ち止まって考える機会を得たに違いないが、それ以前からのモヤモヤがなぜかこの機に解消されていくような、まさに災い転じて福となす結果をもたらした。

そして今年は新たなプロジェクトが立ち上がることになった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント