歌はたしなむ程度に

最近は、すっかりジャズ・ボーカリストだという気持ちが薄れ、ピアノを弾いてみたり、他ジャンルの歌に挑戦したりしているが、さらにはジャズで踊ることにも挑戦しだした。

家から歩いて2分くらいの所に社交ダンス教室があり、いつも通りすがるたびに気になって仕方がなかった。
まるで映画「Shall we dance?」の役所広司のように、ある日突然その扉に吸い込まれるようにして入ってしまい、習うことになった。
入門してみたら、初心者が最初に習うのはミディアムスローのスイングで踊る「ブルース」というステップ。
好きなジャズの曲で踊れるとは嬉しい誤算で、今かなりそちらに気持ちが行っている。

少し上達したら「ダンスを嗜んでいます」とさらっと言ってみたいものだ。

そんなマイブームとはまた次元の違う話ではあるが、歌も肩の力を抜いて「嗜む程度」の気持ちで歌えたら、もっと歌うことが楽になるつんだろうなと思う。
歌のスキルを付ける努力をした時期、いろいろ難しいことにチャレンジした時期、長い間頑張って歌ってきたけど、いや今だってまだ頑張りようがあるけど、こういう力の抜けた歌に憧れる時期になってきた。



ちなみに、Jhonny O'nealさんはピアニスト&ボーカリストで、ニューヨークの主要なジャズクラブの常連出演者。
Bye bye black bird を替え歌でユーモアも交え粋に歌っているのが素敵だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント