2019 ニューヨーク旅行記 番外編(食事)

今回のニューヨーク旅行でもいつも通り、昼間はデリかカフェで軽食、夜はだいたいジャズクラブで食事をたのむというパターンだった。

アメリカの食べ物はすべて大きいので、サンドイッチを1パック買うと2食分になったりするので、高いようでいて経済的だったリする。

今回はユニオンスクエアの駅前に大好きなホールフーズマーケットがあり、そこの量り売りの総菜を箱に詰めて、宿に持ち帰るか上のイートインスペースで食べるのを数回やった。
また、朝食用にカットフルーツとヨーグルトやジュースを買っておくのも毎回の楽しみ。
総菜で、色々なスパイスで味をつけたライスサラダがおいしかった。

ユニオンスクエアは大型スーパーがほかにも2店舗あり、そのうち1店は24時間営業なので心強い。
トレーダージョーズで買ったラップサンドもパストラミソーセージがたくさん入っていておいしかった。

そして、なんといってもSmokeで食べたリブステーキは、柔らかさと言い、絶妙なスパイスと味付けが絶品で、今回のベストだった。

それから連れて行っていただいたイタリアンレストランでいただいた、アサリにパルメザンチーズをかけてグリル焼きした前菜はとてもおいしかった。
しかもここはワインもおいしかった。

クレオパトラで食べたスパゲティーボロネーゼも普通においしかった。

ニューヨークは日本に比べて食べ物が全般的に割高だが、そこそこの値段でおいしいものが食べられ、「アメリカの食べ物イコール大味」というのは今や昔の話となりつつある。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック